nuct_aisatu_03

社長挨拶

御挨拶

 日本でも有数の産業集積基盤である中部経済圏を背後地に持ち、貨物総取扱量日本一を継続している名古屋港は常に発展を続けてまいりました。
その名古屋港において、弊社は2000年10月に鍋田埠頭のコンテナターミナルの管理運営を目的として港運会社8社の共同出資により設立されました。翌2001年5月より港湾計画の中で策定され、将来的に急激な船舶の大型化に対応可能な大水深バースで、高規格ガントリークレーンを備え、取扱いコンテナの増加にも十分対応可能な広大なバックヤードを有した鍋田埠頭コンテナターミナルのT1/T2の2バース体制で近海航路船を中心として供用を開始しました。
また、2011年4月には飛島地区においての管理運営を目的として1社が加わり9社にての出資体制となっております。
 開設以来弊社もその取扱いを順調に伸ばしており、特定運営事業者として上物整備を進めてきた第3バースを2012年4月より供用を開始し、高規格3バース連続一体運営が可能となりました。
現在では名古屋港全体の外貨コンテナの40%以上、年間110万TEU近くの取扱いを行っております。
弊社といたしましては、ご利用の皆様方から引き続き高い評価を得られるよう、効率的な安全作業を努め、名古屋港の発展に貢献していく所存ですので、皆様方からの従来にも増してのご支援、ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

代表取締役社長 飯谷 達夫